今はマス層だけどマンションを売ると準富裕層になる

野村総合研究所では

純金融資産の推計を

行っています。


階層の定義

野村総合研究所の推計によると、
純金融資産保有額で階層を分けており
5億円以上が超富裕層
1億円~5億円が富裕層
5000万円~1億円が準富裕層
3000万円~5000万円がアッパーマス層
3000万円未満がマス層
と定義されています。

図にすると下のような感じです。

出典:野村総合研究所 2020年12月21日 ニュースリリース



純金融資産保有額

「純金融資産保有額」とは、
預貯金、株式、債券、投資信託など、
保有する金融資産の合計額から、
負債を差し引いた金額で、
土地や建物などの不動産は含まれません

我々は、住宅ローンの負債が
金融資産を上回っており、マイナスの状態のため、
定義では3000万円未満のマス層となります。

マンションを売ると準富裕層に?

保有しているマンションを売ると、
負債がゼロになるとともに、
純金融資産が5000万円を超えて
準富裕層になります。

状態がほとんど変わっていないのに
一気にマス層から準富裕層に
変わるのは不思議な気がします。

と言うか、我々の状態で
“準”とは言え富裕層に入れるとは
とても思えないのですが、
一応、定義上はそうなります。

目標は富裕層

目標は、純金融資産1億円以上の富裕層ですが、
そこまでいくと貯めすぎな気がするので
それより前にリタイアする可能性が高いです。

結局、富裕層にはなれずじまいかもしれません。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント