26万円分の給付金がもらえるかもしれない

18歳以下に10万円

マイナンバーカード保有者に

3万円分のポイントが

支給されるかもしれません


新型コロナ対策の給付金


政府・与党は4日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた支援策として、
18歳以下の子どもや若者に現金10万円を一律支給する方針を固めた。
所得制限は設けない。政府が19日にも取りまとめる大型経済対策に盛り込む。
マイナンバーカードを保有する全国民を対象に、
1人3万円相当のポイントを付与する方向でも調整している。

2021年11月5日 読売新聞オンラインより


と報道されております。

うちは子どもが2人いるので
10万円 x 2人 = 20万円
夫婦2人ともマイナンバーカードがあるので
3万円相当 x 2人 = 6万円相当
で、合計26万円相当の給付金が
支給される可能性があります。

子どもに支給される分は、
教育資金の口座に入金する予定です。

所得制限がないのは嬉しい

児童手当も所得制限を超えるともらえませんし、
配偶者控除も所得制限を超えると使えないなど、
取得制限によって、中途半端な年収の世帯が
一番デメリットを被っている気がします。

そんな中で、今回の給付は取得制限がない
という事なので、とても嬉しく思います。

早くアーリーリタイアして、資産は多いけれども、
所得を様々な所得制限以下の状態にして、
恩恵を最大限に享受する予定です。

子どものマイナンバーカードをつくろうかな

マイナンバーカードを持っていると
3万円分のポイントが付与されると言うことは
子どももマイナンバーカードがあれば
ポイントが付与される
と読めます。

子ども2人分のマイナンバーカードをつくると、
6万円分のポイントが付与されるのであれば
この機会につくってしまおうかと思います。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント