投資の前に生活防衛資金を貯めよう

生活防衛資金として

銀行口座に300万円を保有しています。

これは投資に回さずに、

現金のまま保有する方針です。


生活防衛資金とは

資産を形成するために投資は必須ですが
手元のお金をすべて投資に回すのではなく、
いざと言う時に生活に困らないように
簡単に引き出せる預金のような形で、
一定の金額を残しておくことが勧められています。
これは、生活防衛資金と呼ばれています。


生活防衛資金はどれだけ必要か

生活防衛資金は、毎月の生活費を基準にして
3か月分、6か月分、1年分など
いろいろな意見がありますし、
換金性の高い株式や投資信託に投資している場合、
生活防衛資金はゼロでいいと言う意見もあります。

うちの生活防衛資金

家賃を含めた毎月の生活費は約50万円なので、
生活防衛資金の300万円は、6か月分の生活費に相当します。
一応、教育資金として現金が500万円あり
最悪の場合はそれも使えると考えれば、
300万円で十分ではないかなと考えています。

万が一、仕事をクビになっても
6か月あれば生活を立て直せると信じています。
不労所得もありますし、夫婦でバイトをすれば、
次の仕事が見つかるまでの間、
資産の減少は最小限に抑えられるはずです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント