年収が増えるともらえなくなるもの1:児童手当

年収が増えるともらえなくなるもの

その1は児童手当です。


児童手当とは

子供が産まれたら、中学校を卒業するまで
児童手当がもらえます。

支給額は、子供1人に対して、
3歳未満が15,000円
3歳から小学校までが10,000円
(第3子以降は15,000円)
中学校が10,000円です。

年収が増えるともらえなくなる

児童手当には所得制限があり、
たとえば、扶養家族が3人いる場合に、
年収が約960万円を超えると
特例給付となり、一律5,000円に減額され、
児童手当が満額もらえなくなります。

我が家の児童手当は、本来であれば、
1万円 x 2人分 x 12か月 = 24万円ですが、
所得制限に引っ掛かってしまうと、
5,000円 x 2人分 x 12か月 = 12万円となり、
収入が年間12万円も減ってしまいます。

来年からはさらに改悪

来年の10月支給分からは、制度が変わって、
年収が1200万円を超えると、
特例給付の5,000円すらもらえなくなり、
さらに収入が年間12万円も減ってしまいます。

本来であれば、年間24万円もらえるものが
ゼロになってしまうので、
年収が増えてもいいことばかりではありません。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント