年収が増えるともらえなくなるもの2:配偶者控除

年収が増えるともらえなくなるもの

その2は配偶者控除です


配偶者控除とは

控除対象の配偶者がいる場合には、
一定の金額の所得控除が受けられます。

配偶者控除を受けるためには、
配偶者の所得が103万円以下であることが必要で、
これが俗に言う103万円の壁です。

もらえなくなる

以下の表に示すように、
納税者の所得が900万円を超えると、
配偶者控除が少なくなっていき、
所得が1000万円を超えると、
完全になくなります。

納税者の所得金額配偶者控除の額
900万円以下38万円
900~950万円26万円
950~1000万円13万円
1000万円以上ゼロ


38万円の控除と言うことは
所得税の税率を20%とすると、
7.6万円も税金が安くなっていたのに
それがなくなるのは痛すぎます。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント