年収が増えるともらえなかったもの4:不妊治療助成金

年収が増えるともらえなくなるもの

その4は不妊治療助成金ですが

これは大きく改善されました。


不妊治療助成金とは

不妊治療は非常にお金がかかるので
経済的な負担を軽減するために
その費用を一部助成する制度がありました。

2020年12月31日までに終了する治療に対しては
初回のみ30万円、その後は6回まで15万円
が支給されていました。

なお、年齢制限があり
治療開始時に40歳を超えていると
3回までしかもらえません。
43歳を超えていると全くもらえません。

この助成金も所得制限があり、
夫婦合算の所得が730万円を超えると
もらえなくなっていました。

大きく拡充された

2021年1月1日以降に終了した治療に対しては、
助成金の内容が大幅に拡充されました。

所得制限が撤廃されました。

*1回当たりの助成金も30万円に増額されました。

*回数が一子あたり6回までに拡充されました。


ただし、年齢制限は変更されていないので
40歳以上は一子あたり3回まで、
43歳以上はもらえません。

子を授かりたいと願う夫婦が
1人でも多く妊娠することを祈っています。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント