1回目のワクチン接種は大きな副反応なし

コロナのワクチンの

1回目を接種してきました。

心配していた副反応は

今のところ大丈夫そうです。


1回目のワクチン接種

居住している自治体の集団接種で
1回目のワクチンを打ってきました。
ワクチンの種類はファイザーでした。


ワクチン接種前後の経過観察

ワクチン接種の経過は以下のとおりです。
<当日>
09:00 (接種前):36.8℃
10:00 ワクチン接種
14:00 (接種4時間後):36.8℃
16:30 念の為カロナールと葛根湯を飲む
18:00 (接種8時間後):36.6℃
接種した左肩が少し傷む。
22:00 (接種12時間後):36.6℃
22:30 念の為カロナールと葛根湯を飲む

<翌日>
06:00 (接種20時間後):36.6℃
12:00 (接種26時間後):36.7℃
18:00 (接種32時間後):36.8℃
接種した左肩に軽い痛みは残っている。

<翌々日>
左肩に軽い痛みはまだ残っている。

ワクチンの副反応

上記のように発熱はしていませんが、
接種した左肩に少し痛みがありました。
接種当日は、左肩を下にして寝られませんでした。

妻も同じ日に接種したのですが、
腕を肩より高く上げると痛いと言うものの
それ以外は特に副作用は出ていないようです。

2回目の予約は自動的に3週間後に入っています。
2回目の方が副反応が強く出ると言うので少し心配です。

ワクチン接種の予約の取り方

40代の我々は接種券の交付が遅かったため、
手元に届いた頃には、集団接種は既に満員

次に予約が開始されると言う情報をつかみ、
予約開始時刻の少し前からスタンバイして、
00分00秒になった瞬間に予約開始。
数分で予約がいっぱいになったみたいですが
無事に夫婦2人分を予約できました

今まで、ロマンスカーやスーパービュー踊り子の
一番前の展望席の予約合戦に勝利してきましたが、
その時に培った操作スピードが活躍しました。

幸せなアーリーリタイアのためには健康が大事
コロナ対策として、ちゃんと予防接種を受けました。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント