子育て支援が充実している明石市に住みたい

子育て支援が充実している

明石市に住みたいと思いました


兵庫県明石市とは

明石市は、兵庫県南部の明石海峡に面する都市で、
すぐ東に神戸市があります。

以下で紹介するような子育て政策のおかげなのか、
人口が増加に転じており、2020年の国勢調査では
30万人を突破して過去最多になりました。


5つの無料

明石市の子育て支援では5つの無料があります。

1. 医療費が無料
年収制限がなく、医療費が無料になります。
無料になるのは、高校3年生までです。
もちろん薬代も無料です。

2. 第2子以降の保育料が無料
こちらも年収制限がなく、保育料が無料になります。
第2子は半額で、第3子以降が無料
という自治体は多いと思いますが、
第2子から無料と言うのは珍しいと思います。

3. 0歳児のオムツが無料
オムツや粉ミルクなどの子育て用品を
毎月、配達員が届けてくれます。
これは虐待の早期発見にも役立っているみたいです。

4. 中学校の給食費が無料
こちらも所得制限がなく、無料になります。
教育費が増えてくる中学校で
負担が減るのは嬉しいです。

5. 公共施設の入場料無料
市民プールや科学館など、市内の4施設で
高校生まで入場料が無料になります。

こんなに手厚い子育て支援がある
自治体に住んでいたら、うちも3人目に
挑戦できたかもしれません。

話題になった明石市長

これだけ大胆な政策をやってのけるなんて
どんな市長なのか興味があって調べてみたのですが、
明石市長は、一時期暴言で有名になっていました。

確かに、言葉は悪かったかもしれませんが
全体の文脈の中では、あまりおかしいことを
言っていた訳ではないと感じました。

発言の一部を切り出して、面白おかしく報道する
マスコミの姿勢の方が問題
だと思います。
いわゆる、言葉狩りです。

明石市長は、発言の責任を取って辞職し、
有権者に信を問うことになりましたが、
出直し選挙では圧勝しており、
市民からは支持されているのだと思います。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント