衆議院議員選挙の期日前投票に行ってきた

10月31日は不在なので

衆議院議員選挙の

期日前投票に行ってきました


衆議院議員選挙

岸田総理が衆議院を解散したので、
衆議院議員選挙が行われることになりました。

投票日の10月31日(日)は不在になることが
予めわかっていたので、期日前投票に行ってきました。

自治体の施設まで行かなくても、
ショッピングセンターに投票所が開設されていて
とても便利で助かりました。

海外赴任中も投票した

国政選挙であっても、地方選挙であっても
今まで、一度も選挙を棄権したことはなく
毎回必ず選挙権を行使しています。

海外に赴任している時でさえ、
現地の大使館に赴いて、投票してきました。

投票率の高い世代向けに政策をつくる

政治家は、投票率が高い世代に向けた
政策を優先することになるので、
今のままでは若者が冷遇されて
高齢者に手厚い政策が継続されると思います。

若者向けの政策を充実させるためには
若者の投票率を上げる必要があると思いますが、
魅力的な候補者がいない場合もあります。

もし、投票したい人がいない場合は、
白票を投じれば投票率は下がらないので、
棄権と白票の意味は違うと思っています。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント