読書感想文:兇人邸の殺人(今村昌弘)

今回、ご紹介するのは、

今村昌弘氏の兇人邸の殺人です。


このミステリーがすごいの4位

屍人荘の殺人、魔眼の匣の殺人に続く
剣崎比留子シリーズの3作目です。

今作も高い評価を得ており
このミステリーがすごい!2022では4位
2022本格ミステリ・ベスト10では3位
ミステリが読みたい!2022では5位
となっております。

¥1,620 (2022/01/19 19:28時点 | Amazon調べ)


今回も設定が面白い

1作目と2作目の次元の元凶となった
班目機関の手がかりを追う中で
今回は兇人邸と言う建物に住む人物に
情報を求めに行きます。

しかしながら、登場人物たちが
建物に入った後、入口が施錠されて
その鍵が取りに行けない場所に移動してしまい
クローズドサークルになって
殺人事件が起こる事になります。

今回の設定もかなりぶっ飛んでおり
殺人事件のトリックも、
その設定が活かされています。

今作では、探偵役の剣崎比留子は
皆から離れた場所に閉じ込められることになり
自分で情報を集められず、
皆の話を聞きながら推理を進めます。
いわゆる、安楽椅子探偵のような形でしょうか。

続きが気になる

今作の最後の最後に、過去作に出てきた
登場人物が再登場
しており、
今後、どのように関わって来るのか
続きが気になる終わり方でした。

まだまだ剣崎比留子の活躍は続きそうで
次回作が楽しみです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント