ジュニアNISA口座開設の所用日数は14営業日

ジュニアNISAの口座が
無事に開設されましたので

経過を記録しておきます。


ジュニアNISAとは

子どもの教育資金などの資産形成を
サポートするために非課税制度で
子ども1人あたり年間80万円
非課税で投資できます。

制度の廃止が決まっているため、
新しく投資できるのは、2023年までです。

開設までにかかった日数

提出した書類に不備があったので、
一度、書類が戻ってきてしまいました。
以下は、それを修正した後の流れです。

11月18日(木):
必要書類をレターパックで発送。

11月19日(金):0営業日
必要書類を入れたレターパックが
SBI証券に到着。

11月28日(日):4営業日後
SBI証券の未成年口座が開設された。
IDとパスワードが簡易書留で到着。

12月2日(木):8営業日後
ログインした後のステータスが
税務署申請中」に変更される。

12月10日(金):14営業日後
ジュニアNISA口座開設完了!

と言うことで、必要な書類が不備なく
SBI証券の手元に届いてから
14営業日でジュニアNISAが開設されました。

税務署の審査に1~2週間かかる
という事でしたが、1週間で終わりました。

必要書類

ジュニアNISAの口座開設に
必要な書類は以下のとおりです。
早めに準備しておいた方が
スムーズに申し込みができると思います。
あと、子の名義の銀行口座も必要です。

1. 親の本人確認書類のコピー(運転免許など)
2. 子の本人確認書類のコピー(保険証など)
3. 住民票の写し
4. 子のマイナンバー確認書類(通知カードなど)
(マイナンバー入りの住民票だと3だけでOK)
5. SBI証券から送られてきた書類に記入したもの

住民票は以下のようにコンビニで取ると
100円の節約になる自治体があります。


今年の分に間に合った

無事に今年中に口座が開設されたので
80万円 x 2人分 = 160万円
の非課税の投資枠が活用できます。

早速、eMAXIS Slim S&P500を買いました。
二転三転しましたが、ジュニアNISAの投資先は
S&P500に連動するインデックスファンドにします。

うまくいけば、子どもたちが成人する頃には
投資した金額が倍になっているかもしれません。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント