ゴールド免許の講習がオンライン化されるけれど・・・

2022年から、一部の都道府県で

ゴールド免許を更新する時の

講習がオンライン化されるみたいです。


オンライン講習開始

以下の報道によると、2022年から
4つの道府県で先行して、免許更新の時の講習が
オンライン化されるみたいです。
免許の色はゴールド限定のようですが。

私は今のところゴールドなので
免許更新が楽になるかなと少し期待しましたが
住んでいる都道府県は試行されません。

全国でオンライン講習が実施されるのは
2024年以降のようです。

警察庁は9日、優良運転者(ゴールド運転免許のドライバー)
の運転免許更新時講習について、
2022年2月1日から北海道、千葉県、京都府、山口県で
オンライン受講の試行を始めると発表した。
行政手続きのデジタル化の一環で、
マイナンバーカードを保有する人が利用できる。

2021年12月9日 毎日新聞


免許センターに行く必要はある

ただ、オンラインで講習を受けても、
適性検査や新免許証の写真撮影、交付のため
免許センターなどを訪れる必要が生じるのは現状の手続きと変わらない。
新免許証が完成するまで一定の待ち時間は発生するとみられ、
どこまで利便性の向上につながるかは不透明な面もある。

2021年12月9日 日本経済新聞

上記のようにも報道されており
講習をオンラインで受けられたとしても
免許センターなどに行く必要はあるみたいです。

意味ないじゃん!

と思ったのは私だけでしょうか。
ゴールドの場合、元々講習は30分なので
事前にオンラインで受けていなくても
大して変わりません。

免許センターに往復する方が
よっぽど時間がかかると思います。

デジタル化を推進するのはいいのですが
詰めが甘いと言うかなんと言うか・・・

免許は返納する

高齢者による暴走事故が後を絶ちませんが
一定の年齢になったら、免許を自主返納する予定です。

もともと、運転はそこまで好きではありませんし、
自分の運転スキルに自信もないので、
高齢になったら、さらに不安になると思います。

徒歩圏で全てが解決するような
利便性の高い場所に住めば
車を運転しなくても問題なさそうです。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント