日本の航空会社は無駄に丁寧すぎる

前回、飛行機の話題になったので

続けて飛行機関連のネタを書きます。


スターアライアンス派

上級会員を持っているので、
航空会社はスターアライアンス派です。
従って、国内線はANAによく乗ります。
年末年始も乗ってきました。

その丁寧さって必要?

日本の航空会社は無駄に丁寧すぎると思っています。

たとえば、年始にANAに乗った時、
火傷防止のため、お子様および
お子様をお抱きのお客様には
温かいお飲み物のご提供を控えております

と言うシートが配られました。
そんなの客が注意をすればいいだけ
だと思うのですが。
火傷したと言うクレームでも来たのでしょうか。

あと、前の座席の女の子が、機内Wifiがつながらないと
CAさんに相談をしたら、CAさんは一緒になって
設定を手伝ってあげていましたが、
CAさんは通常業務で多忙だと思うので、
マニュアルを渡して、「このとおりにやってください」
で十分だと思います。

顧客重視の意味が違うのではないかと感じます。

翼の王国

飛行機に乗ると、「翼の王国」と言う
機内誌を見るのが楽しみでした。

何故かと言うと、お客様の声にこだわっています
と言う項目があり、顧客からのこういう要望に、
こうやって対応した。と言う内容が載っています。

中には、単なるわがままや、
度を過ぎた要求もあるのですが、
それらにもなんとか対応しており、
それはやりすぎではないかと思います。

ごく一部のわがままな客のために
貴重な経営資源を割くのは、
それ以外の多くのお客様が逆に不利益を被っている
のではないかと思うのです。

もちろんANAはいい会社で、
これからも乗り続けますが、
上記のように感じた次第です。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント