家計資産が2000兆円を突破した


家計資産が2000兆円を突破しました。

金額では貯金が一番多いものの、

株や投資信託の伸びは大きいです。


2000兆円!

以下のように報道されており
新型コロナウイルスの影響で
個人消費が落ち込み、現預金が積みあがった結果
家計の金融資産が初めて2000兆円を超えたそうです。

日銀が17日発表した2021年10~12月期の
資金循環統計(速報)によると、
21年12月末時点で家計の金融資産は
前年同期比4.5%増の2023兆円と、
初めて2000兆円を突破した。

2022年3月17日 日本経済新聞


一番多いのは現預金

一番多いのは現預金の1092兆円
伸び幅は3.3%増でした。

一方で、投資資産を見てみると、
株式は212兆円ですが、伸び幅は15.5%増
投資信託は94兆円ですが、伸び幅は20.4%増
となっており、金額は現預金より少ないものの
伸び幅は現預金を上回っています。

昨年は、米国株が好調だったこともあり、
株価上昇で資産が増えた事もありますが、
投資にお金が回ったのではないかと思っています。

これからも投資を続けていきます。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント