資産所得倍増プランでNISA拡充?


岸田総理大臣が

資産所得倍増プランを発表しました。


資産所得倍増プラン

岸田総理大臣は、以下のような資産所得倍増プラ
を表明しました。
日本の個人金融資産の多くが預貯金で
投資に回っていないため、資産の増加スピードが
欧米と差がついたと言われています。

その具体策の一つとして資産所得倍増プランに取り組むとした。
首相は、日本の個人金融資産の半分以上が現預金で保有され、
「その結果、この10年間で米国では家計金融資産が3倍、
英国は2・3倍になったのに、我が国では1・4倍にしかなっていない」と説明。
「ここに日本の大きなポテンシャル(潜在力)がある」とし、
少額投資非課税制度(NISA)の拡充や預貯金を資産運用に誘導する仕組みの創設
などを通じて「投資による資産所得倍増を実現する」とした。

2022年5月5日 毎日新聞



NISAが拡充されると嬉しい

資産所得倍増プランには、
NISAの拡充が明記されているので、
どういう風に拡充されるか興味があります。

現在、NISA枠の上限は120万円ですが
上限を150万円くらいに増加するか、
現在、非課税期間は5年ですが、
それを10年くらいに延長する、
といった対応を期待しています。

NISAは、2024年から新NISAに変わりますが
それが抜本的に変わるかもしれません。

あと、預貯金を資産運用に誘導する仕組み
と言うのも気になります。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント