FOMCを無事通過

12月のFOMCは

無事に通過しました。


FOMC通過

米国の連邦準備制度理事会(FRB)の
12月の連邦公開市場委員会(FOMC)では、
量的緩和の縮小(テーパリング)を加速し、
来年には0.25%ずつ3回の利上げ
行う見通しを示しました。

インフレ率が目標を上回っていることから、
インフレ抑制を重視したと考えられます。

バーナンキショックの再来は防げた

パウエル議長は市場との対話を重視しており、
以前からしっかりと情報を発信していたため、
市場もそれを織り込んでいたため、
株価に大きな影響は出ませんでした

以前のバーナンキ議長の時のような
ショックは起こらなかったと言えます。

来年は利上げ

利上げになると、ハイテク株は弱いと思うので、
メインの投資先はS&P500を継続して
NASDAQは資産の一部で
少しだけ買っておこうと思います。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント