時価総額が日本の全企業を超えたGAFAに投資する

GAFAの時価総額の伸びが著しく

日本の全企業の合計を上回りました。

これからもメインの投資先は

米国株式で問題なさそうです。


GAFAの時価総額

GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)
超巨大IT企業4社の時価総額が
日本のすべての企業の時価総額を超えたそうです。


日本だけが負けている訳ではない

これを見ると、日本企業は弱いと思うかもしれませんが
日本企業の時価総額は世界3位なので、
日本だけではなく、ドイツも、フランスも、イギリスも
主要な先進国はすべてGAFAに負けています。
日本が弱いのではなく、米国が凄すぎるのです。

これからもGAFAの覇権は続く

日本のすべての大学の研究開発費の合計よりも
Google1社だけの研究開発費の方が多い
と言われているので、
GAFAの成長は留まるところを知らなそうです。

Googleだけではなく他の3社も
利益を研究開発費に投入して、
どんどん次のビジネスをつくっているので
日本企業が勝てるとは思えません。

GAFAに投資する

直接、GAFAの株式を購入することも可能ですが、
投資信託を購入することでも投資できます。

現在のメインファンドである
eMAXIS Slim米国株式インデックスファンドの
組み入れ銘柄の上位10社は以下のとおりです。
(2021年7月30日基準)

企業名割合
アップル5.9%
マイクロソフト5.6%
アマゾン4.0%
フェイスブック2.2%
アルファベットA2.1%
アルファベットC2.0%
バークシャーハサウェイ1.4%
テスラ1.4%
エヌビディア1.3%
JPモルガンチェース1.2%

*アルファベットはグーグルの親会社。

赤太字がGAFAなので、このファンドに投資することで、
間接的にGAFAに投資できていることになります。

今後も、米国株式がメインの投資先に変わりなく
引き続き成長が期待できそうです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント