投資をしない方がリスクが高い

投資はギャンブルだと思って

投資をしない人もいますが

投資をしないリスクもあると思います。


投資か投機か

投資は一か八かの勝負のような
ギャンブルと同じだと思って、敬遠する人がいます。

しかし、ちゃんと勉強をして、適切な投資先を選べば、
リスクを抑えて、リターンを得る可能性が高くなります。
投資と投機は全く別物です。

レバレッジをきかせるFXや株式の信用取引であれば、
大きなマイナスになる可能性があるので、
これらに投資をするのはリスクが高すぎます。

株式の現物投資であれば、その会社が倒産すれば
ゼロになるものの、マイナスにはなりません

インデックスファンドはリスクが低い

株式指標に連動するインデックスファンドは
ゼロになる可能性は極めて低いと考えられます。

たとえば全世界の株式に連動する
インデックスファンドであれば、
第三次世界大戦が起こって、全世界の企業が
壊滅するくらいにならないとゼロにはなりません。

最悪の場合、-80%くらいに下落する可能性はありますが、
長期的に見れば、下落は一時的であり、
時間が経てば元に戻る可能性が高いと思われます。

あのリーマンショックですら、
そこから回復して、それ以上の高値になりました。
最近ではコロナショックも乗り越えて
さらなる高値になりました。



投資をしないリスク

投資をしないと、福利の効果を得られないので
単に線形でしか資産が増えていきません

投資の一番のメリットは長期間にわたって
福利の効果が得られることで、
指数関数的に資産が増えていくため、
資産を大きく増やすためには有効な手段です。

さらに、現金はインフレで目減りします。
最近は値上げラッシュなので、
どんどんお金の価値が下がってきている
ように思われます。


貯金か投資かは神学論争

貯金か投資かは、その人のポリシーであり、
正解や不正解がある訳ではありません。

ただ、アーリーリタイアを目指すためには、
貯金だけでは達成が難しいので
投資の力に頼らざるを得ません

そのために、しっかり勉強して、方針を決めて
適切な投資先に長期投資をしていきます。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント