世界同時株安がきてもやることは変わらない

恒大集団の信用不安

中国最大の不動産会社である恒大集団が
破綻するかもしれないと言うことで、
ダウ平均が600ドル以上下がって、
日経平均も660円以上下がりました。

リーマンショックを経験した身からすれば、
この程度は暴落でも何でもありません

投資方針は変わらない

仮に恒大集団が破綻してリーマンショック級の
暴落が来たとしても、投資の方針は変わりません。
粛々と毎月の積立をしていくだけです。

一時的に含み損になってしまうかもしれませんが、
いずれ株価は復活するので、心配はしていません。

一番いけないのは、暴落に動揺して
売却して相場から退場してしまうことです。
以前はそれで失敗してしまいましたが
今では、暴落はバーゲンセールだと思って
買い増しもできるようになりました。

資産形成の柱が複数あると安心する

動じないとは言うものの、含み損になったり
含み益が大幅に減少したりすると
精神的にあまりよくありません。

今は、株以外にも不動産と言う
別の資産形成の柱があるので、
たとえ株が不調だったとしても、
それを補って、資産が形成できるため
安心して投資を継続できています。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント