1世帯当たりの貯蓄額は過去最多の1880万円、だけど・・・


総務省の報告によると

1世帯当たりの貯蓄額は

過去最高になったそうです。


1世帯当たりの貯蓄額

総務省の家計調査報告によると
2人以上の世帯の平均貯蓄額は
過去最高の1880万円だったそうです。

ただ、“平均”なので、“中央値”にすると
約1000万円程度になるようで
多い人と少ない人の差が大きいみたいです。

“平均値”と”中央値”の違いはよく理解しておく必要があります。

総務省が10日発表した2021年の家計調査報告によると、
2人以上の世帯の平均貯蓄は前年比5・0%増の1880万円だった。
増加は3年連続で、比較可能な02年以降で過去最高となった。
コロナ禍で外出が減り、支出をせずにお金をため込む傾向がみえる。

2022年5月10日 朝日新聞デジタル




投資が進んだ

以下の報道のように、有価証券の増加割合が著しく
貯蓄から投資に資産が移ったのではないかと思います。

貯蓄額の内訳は、定期預金が1・3%増の615万円、
普通預金が5・0%増の584万円、生命保険などが横ばいの357万円、
株式などの有価証券が22・9%増の295万円。
巣ごもりでの投資ブームが有価証券の増加につながった可能性がありそうだ。

2022年5月10日 朝日新聞デジタル


ただ、去年は米国株を中心に好調だったものの
今年は大幅な下落になっているので
投資をやめてしまわないか心配しています。

長期投資をしていれば、右肩上がりが続く訳ではなく、
一度や二度の暴落には必ず遭遇するので
パニックになって売却して退場せずに
ずっと保有し続けることが重要だと思います。

できることなら、どんな状況でも
積立投資を続けるのが理想的です。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント