投資の失敗その2:アクティブファンドに手を出した

投資の失敗その2は

アクティブファンドに

手を出した事です。


アクティブファンドに手を出した

投資における失敗その2として、
インデックスファンドのリターンに満足できずに、
アクティブファンドに手を出してしまいました。

過去数年の大きなリターンに目がくらんで
過去の実績が将来を約束する訳ではない
と頭ではわかっていたのですが、
欲をかきすぎるといいことがありません。

案の定、ちょっとしたことで暴落して
なかなか値が戻らなかったので
損切してしまいました。

アクティブファンド

もちろんすべてのアクティブファンドが悪い
と言うつもりはありません。
探せばいいアクティブファンドもあると思います。
が、探すのに凄い労力がかかります。

アメリカの大型株に投資するアクティブファンドと
代表的ないインデックスのS&P500を比較したところ、
2016年末までの5年、10年、15年のいずれも
アクティブファンドは9割近くが負けている
と言うデータもあります。(SPIVA U.S. Scorecard)

しかも、一般的にアクティブファンドの方が
信託報酬が高いので、持っているだけで
どんどんコストがかさんでしまいます。

今はインデックス信者

アクティブファンドで痛い目を見たので
今は心の底からインデックス信者です。

欲をかきすぎずに平均年6~7%で満足して、
米国株か全世界株のインデックスに連動するファンドを
愚直に積み立て続けています。

それが資産形成の一番の近道かも知れません。
急がば回れ。



にほんブログ村 投資ブログへ

コメント