インデックスファンドに長期投資が基本方針

メインの投資先は

米国株式のインデックスファンド

基本方針は長期投資です。


インデックスファンドとは

株価指標に連動した運用を目指します。
代表的な株価指標にダウ平均や日経平均などがあります。

資本主義である以上、経済は成長を続けるので
株価は右肩上がりで上昇することになります。
それを利用して、市場平均のリターンを目指します。


インデックスとアクティブ

インデックスファンドと反対に
ファンドマネージャーが銘柄を選択するのは
アクティブファンドと呼ばれています。

長期的に見ると、インデックスファンドよりも
成績がよいアクティブファンドはほとんどありません。
ノーベル経済学賞の受賞者が参加したファンドが
数年で破綻したことなどが顕著な例かもしれません。

投資のプロ中のプロである投資会社の人たちでさえ
ほとんどインデックスファンドに勝てないのであれば
素人が目指すのは市場平均のリターンで十分です。

長期投資

株式市場は短期間で見ると、上下動をしますが
長期間で見ると、右肩上がりで上昇していきます。
たとえば、リーマンショックで下がったとしても
現在はリーマン以前の水準を回復するどころか
それよりもはるかに高い株価になっています。

それを説明した名著がウォール街のランダム・ウォーカーです。
株式投資を始めるにあたって読んでみる価値はあります。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場


従って、投資の基本方針は長期投資です。
デイトレードのように頻繁に売買をせず
一度買ったら、ずっと保有して売却しません。

投資先は米国か全世界

今後も順調に経済成長を遂げて
GDPが増加していくのは米国であり
米国株価も今後も上昇していくと予想されます。

従って、長期投資の投資先は米国株式か
米国も含めた全世界株式でもいいと思います。

全世界と言っても、時価総額で加重平均されているため
米国株式が5~6割ちかくを占めているので
そこまで差が出ないと思います。

インデックスファンドの例

信託報酬が安く、米国や全世界に投資できる
インデックスファンドは、以下のようなものがあります。
・eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
・eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)
・SBIバンガード S&P500
・楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)
・楽天・全世界株式インデックスファンド(楽天VT)

いずれも信託報酬が0.1%程度と低いのでおススメです。
信託報酬が高くなると、それだけリターンが減るので
信託報酬が低いことが長期投資に必要な条件です。

まずは積立NISA

積立NISAは毎年40万円までの投資に対して
値上がり益などに税金が課税されない制度です。
税率は約20%なので、100万円の利益対しては、
20万円の税金がかかることになります。
それがゼロになるので、非常にお得な制度です。

一年間で投資に回せるお金が
40万円以下であれば、すべて積立NISAで投資して、
40万円以上であれば、まずは積立NISAの枠を埋めて
それから特定口座で投資する方が効率がいいです。

メインの投資信託

現在のメインとなる投資信託は
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)で、
評価額は約950万で、含み益は200万円を超えています。


今は、投資資金を積立NISAに回しているので
こっちには毎月投資はしていませんが、
コロナショックのような暴落がまた起これば、
買い増ししたいと思っています。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント