米国の株価が下がっているが円安で少し相殺されている


最近、米国の株価が不調ですが

円安なので、相殺されています。


米国株は値下がり

昨日も米国株は不調で
ダウ平均、S&P500、NASDAQは
どれも2~4%の下落になりました。

臨時の買いを出動しようかと思ったのですが
もうすぐ毎月の積立日なので
積立を終えてから、判断しようと思います。


投資信託はそこまで下がっていない

たとえば、NASDAQ指数で言うと、
年初から約20%ほど下落しているのですが、
私が保有している投資信託の
eMAXIS NASDAQ100インデックスは
年初から約10%ほどしか下落していません。

同じNASDAQなのに、
この違いはどうしてなのでしょうか。

円安で相殺されている

ドル円は、年初には115円だったのですが、
今は128円ぐらいになっており、
10%ほど円安が進んでいるので
株価自体の値下がりが相殺されています。

為替ヘッジありの投資信託
円安の恩恵を受けられないので、
なかなか大変な状況になっていそうです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント