やらないものその2:FX

やらないと決めているもの

その2はFXです


FXとは

FXとは、Foreign Exchangeの略で
日本語で言うと、外国為替証拠金取引で、
外貨の価格変動で利益を狙います。

例えば、ドルがこれから上がると思えば
先に買って、上がった後に売る。
これから下がると思えば
先に売って、下がった後に買い戻す。
株式の信用取引のようなものだと理解しています。

証拠金を差し入れれば、その何倍もの金額を
動かすことができ、レバレッジをきかせられます。

やらない理由

そもそもFXの仕組みをよくわかっていない
と言うことが第一に挙げられます。
仕組みをわかっていないので、手を出せません。

第二の理由は、再現性がないことです。
株式は長期的に見れば、上がっていきますが、
為替は上がるか下がるかわかりません。
例えば、10年後のアップルの株価は
今より上がっている可能性が高いですが
10年後のドルは、今より高いか安いかわかりません。

第三の理由は、レバレッジがあることです。
レバレッジがあれば、大きく儲けられる反面
大きく損をする可能性もあり、リスクが高すぎます。

身近な失敗例

友人の旦那さんが、FXで借金をつくって
離婚したと言う身近な例がありました。

他にも、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の
FXで失敗した人たちのまとめ記事を読むと、
恐くなってしまいました。

もちろん、私はやらないと言うだけで
FXをやっている人を批判するつもりはありません。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント