中古マンションの仲介手数料を約300万円節約した

新築マンションを買う時にはかかわらずに

中古マンションを買う時にはかかるもの

それは「仲介手数料」

100万円以上の高額になるので

上手く節約できると大きいです。


*写真と自宅は一切関係がありません。

過去の仲介手数料

今までマンションを3回購入して、
2回売却していますが、
実際に支払った仲介手数料を公開します。

物件価格手数料割合
1軒目購入時5500万円1,662,120円3%
売却時5220万円878,040円 1.5%
2軒目購入時7850万円ゼロゼロ
売却時8200万円902,000円1%
3軒目購入時10300万円512,380円定額


何も知らなかった、1軒目購入時が一番多く支払っています。
3軒目は、物件価格が1軒目の倍ちかくになっているのに、
仲介手数料は1/3以下に抑えられています。

2軒目は新築で購入したので
仲介手数料はかかりませんでした。


仲介手数料は上限が決まっている

仲介手数料は物件価格の3%+6万円に消費税ですが、
これは法律で定められている、「上限」であって、
実は仲介手数料はいくらでもいいのです。

たとえば、1億円のマンションを中古で買った場合、
仲介手数料が満額だと、3,366,000円ですが、
仲介手数料が半額だと、1,683,000円となり、
1,683,000円も節約できます。

軽くネットを調べるだけでも、
仲介手数料が半額だったり、1%だったり、
20万円ほどの定額だったり、
いろいろな会社がヒットします。

購入時は仲介の仕事は多くない

売却する時は、お客さんを探すところから始まり、
内覧の際にはマンションを案内してもらったり、
マンションや部屋のことを勉強してもらって、
売れるようにアピールしてもらいます。

また、契約書や重要事項説明書をつくるのは
売り手側の仲介業者なので、
書類仕事などの業務量が多くなるため、
満額を支払うのはまだ理解できます。

しかし、購入する時の仲介は、
売却時の仲介に比べて業務量が大幅に少ないので、
同じ満額を支払うのは納得できません。

仲介手数料を節約する

と言うことで、3軒目を購入する時には、
仲介手数料定額の会社にお願いしました。

安かろう悪かろうではないかと不安はあったのですが、
担当者も非常に感じが良く、仕事もしっかりしていて
サービスには非常に満足しました。

普通の仲介会社だったら、
仲介手数料を3,465,000円も支払うところでしたが、
定額の会社に頼むことで、512,380円で済みました。
なんと、2,952,620円も節約することができました。

サービスに問題はないし、これだけ節約できるのであれば、
次に中古マンションを購入する時にも
同じところにお願いするつもりです。

売却は少々事情が異なるので、別途記事にしたいと思います。



にほんブログ村 投資ブログへ

コメント