自宅に住みながら投資

山手線の駅から徒歩10分以内の

タワーマンションに

部屋を保有しています。


*写真と自宅は一切関係がありません

自宅は資産性の高さが重要

自宅購入の基準は資産性が高いこと。
言い換えれば、リセールバリューが高いこと。

家を買うことは、終の棲家と考えるかもしれませんが
いつ引っ越しをすることになるかわかりませんので、
売る時にできるだけ高くかつ短い期間で売れる
そのような基準でマンションを選んでいます。


現在のマンションの査定額

現在のマンションは、2020年に10300万円で購入しましたが、
2021年の転勤に伴って、定期借家契約で賃貸に出しています。

売るか貸すか迷っていたので、査定をしてもらったら、
11500万円で売却できそうと言う評価になりました。
自宅に住みながら、1200万円も資産が増えたことになります。

5年間で2回マンションを買い替えた

実は、過去5年間で2回マンションを買い替えており、
自宅を資産にする上で、いろいろわかったことがありました。

簡単に言うと、立地が最優先
最寄駅から徒歩5分以内。妥協しても10分以内。
バス便のマンションは敬遠すること。
最寄駅も、住みたい街ランキングで上位に入るとか
お店、飲食店、銀行、病院などが充実している駅。
できれば、公立小学校の学区がいいこと。

など、マンション選びの基準や
住宅ローンの選び方、住宅ローン控除
などを語っていきたいと思います。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント