2021年11月の家賃収入

10日になりましたので

今月の家賃が入ってきました。



11月の家賃収入と支出の内訳


収入家賃 360,000円
駐車場代 30,000円
合計390,000円
支出賃貸管理料 19,800円
振込手数料440円
管理費・修繕積立金 34,260円
駐車場代 30,000円
住宅ローン支払226,948円
合計311,448円
手取り 78,552円



いつもと同じ収支

毎月毎月同じことですが、
キャッシュが約8万円増加するとともに
住宅ローンの残債が約16万円減っているので
マンションの売値が下がらなければ
毎月、約24万円の資産が増えていることになります。

以前、記事にしましたが、マンションの価格は
下がるどころか上がっているのではないかと思います。


修繕積立金が上がる

マンションだと、将来の大規模修繕に備えて
修繕積立金が徴収されています。

最初は低い金額で設定されていますが
徐々に上がっていくことが多いです。

これは、新築マンションを販売する際に
初期の負担額を下げて、支払額を少なく見せるために
最初は低く設定されていて、段階的に上がっていきます。

築年数が古くなると、修繕積立金の負担が
結構大きくなるので、それまでに買い替えをする方が
家計には優しいと思っています。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント