2021年10月の家賃収入

今月は10日が日曜日なので

8日の金曜日に家賃が入ってきました。



10月の家賃収入と支出の内訳


収入家賃 360,000円
駐車場代 30,000円
合計390,000円
支出賃貸管理料 19,800円
振込手数料440円
管理費・修繕積立金 34,260円
駐車場代 30,000円
住宅ローン支払226,948円
合計311,448円
手取り 78,552円



5年間の定期借家契約

キャッシュが約8万円増加するとともに
住宅ローンの残債が約16万円減っているので
マンションの売値が下がらなければ
毎月、約24万円の資産が増えていることになります。

正確に言うと、固定資産税が年間26万円ほど
かかっているので、それを引く必要があります。

つまり、5年間の定期借家契約が終了する頃には、
24万円 x 12か月 x 5年 = 1,440万円から
固定資産税の26万円 x 5年 = 130万円を引いた
約1,310万円の資産が増えることになります。
売値が下がらなければと言う条件付きですが。

家を売る時の税金

購入価格が10300円で、査定額が11500万円なので、
単純化して考えると、1200万円の利益が出ます。
(正確には取得費や減価償却などを考慮する必要があります)

もし、5年以内に売却すると、短期譲渡になるので、
税金は約40%とものすごく高くなります。
1200万円の利益が出ても、480万円も税金で取られるので
手元に残るのは720万円になってしまいます。

一方で、5年以上保有した後に売却すると、
長期譲渡になるので、税金が約20%と半分になります。
それでも、利益が1200万円だと、税金は240万円です。

3000万円までの利益が控除になる制度がありますが、
賃貸に出してから3年後の年末までに、
売却を完了する必要があるので、
2024年の末までに売らなければなりません。

今の家をいつ売るのかは難しい選択です。


にほんブログ村 投資ブログへ

コメント