修繕積立金が不足して150万円以上の一時金を支払う!?


今、賃貸で住んでいるマンションは

修繕積立金の一時金を

徴収するみたいです。


賃貸マンションの理事会

現在、自宅を賃貸に出しているため
賃貸マンションに住んでいるのですが
そのマンションの理事会の
議事録がポストに投函されていました。

それによると・・・
毎月積み立てている修繕積立金では
今後不足することが明らかなので
一時金を徴収すると言うのです。


150万円以上の一時金

住居の広さによって金額は異なりますが、
一時金の徴収額は、150万円を超えていました。

150万円というと、結構な金額ですが
蓄えがほとんどなくて支払えないと
どうなってしまうのでしょうか。

修繕積立金が不足すると
マンションに必要な機能を維持できず
資産価値が落ちることは明らかです。

特に中古マンションを購入する場合は、
現在の修繕積立金の残高や、滞納状況
今後の修繕計画、および修繕積立金の値上げ予定
などを確認しておく必要があるかもしれません。

当初の計画通りにはいかない

新築マンション販売時には、
販売会社が見積もった
修繕積立金の計画がありますが
なかなかその通りにはいかないみたいです。

新築購入者の負担額を減らすために
修繕積立金は、最初は少なく設定しておいて
徐々に値上げしていく形が
一般的ではないかと思います。

大規模修繕は12年ごとと言われており
そのタイミングで、修繕積立金の値上げや
一時金の徴収などがあることも多いので、
新築から10年程度で住み替えるのが
一番効率的かもしれません。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント