節約のため、生命保険には入らない

いろいろな考え方があると思いますが

生命保険には入らない方針です。

毎月の保険料が無駄だと思うから。

いざと言う時の備えは貯金と団信です。



高額な医療費の備えは貯金

高額な医療費に対する備えと言う意味では、
十分な貯金があるので、もし長期入院になったとしても
その貯金から費用を出せると思っています。

それに、所属している健康保険組合では
医療費が高額になった場合、自己負担限度額が決まっており
それを超えた分は、後で支給されることになっているので、
結果的に医療費はそこまで高額にならずに済みそうです。


死亡の備えは団体信用生命保険

死亡に対する備えと言う意味では、
住宅ローンの団体信用生命保険(団信)があります。
団信とは、住宅ローンを借りている人が死亡するなど
ローンを支払えなくなった場合に保険がおりて、
住宅ローンの残りをすべて保険から支払ってもらる制度です。
団信の保険料は、金融機関が支払ってくれるので
自己負担はありません。

現在、住宅ローンの残債は約7700万円ですが、
稼ぎ頭の夫に何かあった場合、
団信から支払われることになり、住宅ローンがチャラになります。
その結果、抵当権がまっさらになったタワーマンションを
遺産として家族に残せることになります。

家族に残せる資産

査定額11500万円の不動産が残れば、
家族の生活は安泰だと思っています。
不動産以外に、投資信託などの金融資産も
約3000万円保有しているので、
それも合わせると、妻1人になっても2人の子供を
独り立ちさせるまで育てる事は十分可能ではないかと思います。

アーリーリタイアを目指すには節約が大事。
毎月の掛け捨ての生命保険に費やす金があれば
投資信託に追加投資したいと思っています。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント