ナビダイヤルの0570は無料通話の対象外

最近、企業への問い合わせなどで

0570のナビダイヤルが

増えてきたように思えます。

無料通話が使えないのでやめてほしい。


ナビダイヤルとは

NTTコミュニケーションズのサービスで
0570から始まる電話番号となっており、
「〇秒ごとに〇円の料金がかかります」
と言ったアナウンスが最初に流れます。

複数の窓口がある企業の場合、
全国どこからでも0570にかけると
一番近い窓口につながるようで
企業側にとってはメリットがあるようです。


ナビダイヤルの落とし穴

ご存知の方も多いかもしれませんが
このナビダイヤルは無料通話の対象外なのです。

たとえば、ahamoの国内通話は5分間無料ですが
ナビダイヤルは5分以内でも有料になるので、
安心してナビダイヤルに何度もかけていると、
後からびっくりする通話料が請求されてしまいます。

しかも、最近はコロナの影響で
オペレーターが減らされているのか
全然つながらないので、待ち時間が長くなり、
その分、通話料がかかってしまいます。

固定電話も併記してほしい

企業もコストの問題があるので
何もフリーダイヤルの0120にしろと
言うつもりはありません。

フリーダイヤルにすると、
コストが上がって競争力が低下するだけでなく、
無駄な問い合わせも増えてしまって、
業務効率が下がってしまうと思います。

ただ、ナビダイヤルの0570だけではなく、
市外局番の電話番号も併記してほしいと思うのです。
そうすれば、無料通話が使えて節約になります。

普通の電話番号が併記されていない場合は
googleなどを駆使して、なんとか0570以外の
電話番号を探すのですが、見つからない時は諦めます。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント