三菱UFJ銀行も紙の通帳が有料に

三菱UFJ銀行は

紙の通帳を有料化するそうです。


紙の通帳有料化


三菱UFJ銀行は4月から、新たに口座を開設して紙の通帳をつくる場合、
年550円の手数料をとることにする。通帳発行にかかる費用を抑え、
インターネット上の口座の利用を促したい考えだ。
メガバンクでは、みずほ銀行と三井住友銀行が
すでに同様の手数料を設けている。

朝日新聞デジタル 2022年1月13日

と報道されており、紙の通帳をつくると
年間550円の手数料を取られます。

一定以上の高齢者は対象にしない
と言うことですが、不公平なので
やるなら全員一律がいいと思います。

約7000万円分の利息

年間550円の手数料を取られると言うことは
普通預金の金利が0.001%なので
利息にかかる税金を20%とすると
約7000万円もの大金を、丸1年間預けないと
550円の元は取れないことになります。

ATMでも振込でも手数料を取られるので、
銀行にお金を預けるのは、
お金を増やすためではなく
お金を減らすためじゃないか
と思ってしまうくらいです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント