決済用口座は全額保護されるのでペイオフ対策になる

今のような超低金利の時代では

利子がつかない決済用口座でも

全額保護されると言うメリットを

十分に享受できます。


ペイオフとは

2005年4月から始まった制度で、
仮に銀行が破綻したとしても、
1000万円までしか保護されない制度です。

たとえば、3000万円預けていた銀行が破綻した場合、
1000万円しか返ってこないため、
2000万円も損をしてしまうので、注意が必要です。

決済用普通預金

しかし、決済用の口座にすれば、普通口座と違って
銀行が破綻したとしても、全額が保護されます。

そのデメリットとして、金利がつかなくなるのですが
現在のような0.001%と言う超絶低金利だと、
1000万円を1年間預けたとしても、
税金を引いたら、約80円しか手元に残りません。

それであれば、無利息にしてでも、
全額保護される方が得だと思います。

メガバンクには決済用口座がある

メガバンクでは大体、決済用口座があります。
三菱UFJ銀行だと、決済専用無利息型
三井住友銀行だと、決済用普通預金口座
みずほ銀行だと、普通預金(無利息型)
と言う名称です。

わざわざ新しく口座をつくる必要はなく、
普通口座から切り替える事ができます。

生活防衛資金以上のお金は投資に回すので、
預金が1000万円を超えることは少ないのですが
念のために、決済用口座にして
全額保護されるようにしています。

そうすれば、仮に銀行が破綻したとしても安心です。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント