退職前に確認すること5:引き止めにあったらどうするか


退職すると伝えた時に
もし引き止められたらどうするか
決めておく必要があります


引き止められたら

退職を切り出した時
不満なことがあれば改善するから
辞めるのを考え直してくれと
引き止められるかもしれません。

その時に、どのように答えるか
予め考えておく必要があります。


基本的に翻意はしない

どういう条件だったら
辞めるのを考え直しますか?

希望の部署に異動できたら?
給料が上がったら?
昇進したら?

残業が減ったら?

個人的な考えでは
翻意してはいけないと思っています。

なぜなら、一度辞めると言ったら
またいつか辞めるだろう会社から思われて
厚遇されることはないと思うからです。


たとえば、希望の部署に異動できたとしても
そこで冷遇されるかもしれませんし
またすぐに異動させられるかもしれません。
その時に、今と同じようにいい条件の会社から
内定をもらえるかどうかはわかりません。

年収交渉をすると

たとえば、現在の年収が700万円で、
転職をする予定の会社では、
ほぼ同じような業務内容で
年収が900万円に上がるとします。

引き止められた時に、
「次の会社では900万円がもらえるので、
年収を900万円に上げてくれたら考え直します」
と言ってみるとどうなるでしょうか。

「会社の給与規定でそんなことはできない」とか
「一人だけ特別扱いをすることはできない」とか
なんだかんだ理由をつけて断られると思います。

それは上司がダメなのではなく
優秀な人材を引き止めることができない
日本の会社のシステムがダメだと思うのです。

転職で年収を上げたいのであれば、
ビズリーチがおススメです。
私は100万円ほど年収が上がりました。

ハイクラス求人 ビズリーチ

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント