男性も育休取得のススメ

第一子が生まれた時は1か月

第二子が生まれた時は6か月
育休を取得しました


私の育休取得記録

第一子の時はもっと長く取りたかったのですが
仕事の兼ね合いもあって、短くなってしまい
大いに後悔したので、第二子の時は長く取りました

最近は、時代が変わって来たのか
上司の娘さんの旦那さんも育休を取ったとかで
上司の理解が得られたことも大きかったです。

上の子の面倒を見つつ、新生児の世話もして、
出産で消耗した妻を労わることができたので
結果としては育休を取得してよかったです。


育休を取得した時期

出産直後の1か月は、炊事、掃除、洗濯などの
家事はすべて妻の代わりにやりました。

育休の時期は、最初の緊急事態宣言と重なり
保育園が閉園となってしまい、
上の子がずっと家にいることになりました。

もし、育休を取得していなかったら、
出産直後の妻だけで、上の子と下の子の
2人の面倒を見るのは大変だったと思います。
上の子は夫が、下の子は妻が面倒を見る
と言う役割分担ができたのでよかったです。

育休の取り方

育児休暇を取得したいと思っていても
取得できないと言う人がいるかもしれませんが
取ってしまえばなんとかなるものです。

法律で会社は育休の取得を拒否できないので
上司が否定的な態度を取るようであれば
コンプライアンス違反だと人事に相談しましょう。
人事は育休の取得に協力的なので
きっと助けてくれると思います。

育休取得の先駆者になろう

今の時代、育休を取りたいと言う男性は多いと思われます。
部署で育休を取得したのは私が最初だったのですが
私が育休を取得した後に、2人目、3人目が続きました
手続きなどどうすればいいか、彼らの相談に乗れたのは
よかったと思っています。

金銭的な面で不安があるかもしれませんが
育児休業給付金や社会保険料の免除があるので
思ったよりも手取りは減らない印象です。

育休を取得するうえで注意する点や
どうすればお得になるかなど
これから書いていきたいと思います。

にほんブログ村 投資ブログへ



コメント