獺祭が初任給を21万円→30万円に上げる



獺祭をつくっている会社が

初任給を大幅引き上げます


初任給の大幅引き上げ

以下のように報道されていました。
日本酒の獺祭で有名な旭酒造の
初任給は21万円から30万円となり
約9万円も上がることになるそうです。


日本酒「獺祭(だっさい)」蔵元の旭酒造(山口県岩国市)は2月17日、
2022年・2023年製造部入社の大卒新入社員の初任給を、
従来の月額21万円程度から30万円に引き上げると発表した。

2022年2月17日 食品産業新聞社ニュースWEB


しかも、2022年には「5年で平均基本給を2倍」を掲げて
基本給を2021年度比で2倍以上を目指す
と言うプロジェクトを開始したそうです。


企業のあるべき姿

クオリティの高い商品をつくって
無駄な値引きをせずに適正価格で売って
きちんと利益を上げることにより、
従業員に還元していく。
と言う企業のあるべき姿だと思います。

このニュースは、値引合戦に巻き込まれない
独創性の高い商品をつくることの
重要さも教えてくれます。

今まで何十年もの間、給与を上げてこなかった
日本企業は見習ってほしいものです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント