ダラリーマンのきっかけ:ピーターの法則~創造的無能のすすめ~

会社で必死に頑張るのをやめる

きっかけとなった本を紹介します。


ピーターの法則とは

階層社会では、すべての人は昇進を重ね、
おのおのの無能レベルに到達する。

仕事は、まだ無能レベルに達していない者
によって行われている。

と言う全ての組織で通用する普遍的な法則です。



たとえばこういうこと

たとえば、超優秀な営業マンがいて、
常に営業成績はトップで、
顧客からの信頼も厚かったとしましょう。

その成果を評価されて、営業部門を統括する
マネージャーに昇進したとします。

そのポジションは、自分で商品を売るのではなく
部下を指揮して、部下に商品を売らせるので
優秀な営業マンが必ずしも
優秀なマネージャーになるとは限りません


ここでも、うまく才能を発揮できれば、
次のポジションに昇格できますが、
そうでなければ、無能と評価されて、
そこで昇進が頭打ちになります。

無能となる一歩手前で止める

昇進を続けて行って、
いつか無能と評価されてしまうのであれば、

昇進の機会があっても断って、
優秀と評価されているポジションに留まり
自由気ままな会社員生活を送った方が、
Quality of Lifeが充実する。と思いました。

優秀と評価されている状態であれば、
多少の無茶をしても大目に見られますし、
仕事も楽にこなせるので、適度に手も抜けます。

問題点は、自分の限界がわかっていないので
昇進可能なギリギリのラインよりも
ずっと前で線を引いてしまう可能性があることです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント