仕事ができないおっさんの方が給料が高い不思議

仕事ができないおっさんの方が

自分より給料が高くて

やる気がなくなりました。


給料が高いおっさん

自分より明らかに仕事ができないおっさん
自分よりも高い給料をもらっているのを知って
やる気がなくなりました。


上司も理由を説明できない

上司との面談の時に聞きました。
「なんであの人は自分よりも仕事量が少ないのに
多くの給料をもらっているのか」
しかし、納得のいく答えはありませんでした。

「長く勤務していて会社に貢献している」
との回答でしたが、
単に長く勤めているだけで、給料が多い
と言う思想は理解ができません。

同じ仕事ができれば同じ給料に

納得できなかったので、上司に詰め寄りました。

「あの人と同じ仕事をやらせてください。
それで同じアウトプットを出せれば
同じ給料をもらってもいいですよね?」

「会社から見れば、役割を果たすことに対して
給料を払っているのであって
それができれば、中身は誰でもいいはずです」

しかし、訴えはむなしく、認められませんでした。

日本の競争力低下の原因?

単に勤続年数を重ねるだけなら、誰でもできます。
年数に見合う分だけの能力や経験がない人にも
高い給料を払っている会社はもったいない
としか言いようがありません。

こんなおっさんが多くはびこっていて、
クビにできないし、給料を下げられないのであれば
そりゃ日本企業の競争力は低いと思ったものです。

給料はアウトプットに応じて

いくら勤務年数が長くても、
新卒と同程度の仕事しかできないのであれば、
新卒と同じ給料でいいと思います。
そうでなければ、優秀な若手のやる気をなくすだけです。

にほんブログ村 投資ブログへ

コメント